HOT HOT SPRINGS

japanda131.exblog.jp
ブログトップ

下風呂温泉・まるほん旅館

b0042334_11203118.jpgb0042334_11203926.jpg
鮫駅から八戸駅へ戻り青い森鉄道に乗車、野辺地からは大湊線で下北駅へ。
さらにバスに揺られること1時間超、下風呂温泉へ到着。
こちらの温泉を選んだ理由・・・
それはいわゆる硫黄泉と海の幸が味わえる全国でも珍しく魅力的な組み合わせの温泉地である為。




b0042334_11291150.jpg
下風呂温泉には大湯・新湯・浜湯とざっと3種類の源泉があり
こちらのまるほん旅館さんは大湯を引いている。
というのも共同浴場大湯(源泉)はすぐ目の前という立地。
旧川原湯温泉王湯の内湯のように脱衣場から階段を下りた半地下のような場所に湯船はある。
もちろん源泉掛け流し、白濁温泉独り占め~~ヽ(´▽`)/

b0042334_11402948.jpg
b0042334_11403985.jpg
b0042334_1141137.jpg
風呂上りここまで我慢してきたビールで至福の時を感じていると夕餉の膳が運ばれてくる。
評判の料理は完全なる海の幸オンリー!
運がいいですねたまたま獲れたんですよと鍋には小ぶりなあわびが2つも!(≧▽≦)

b0042334_11505267.jpg
b0042334_1151348.jpg
朝食もボリューム満点。
塩辛をサッと焼いて大根おろしと青菜でいただく。
塩辛は熱を入れるとすぐに臭みが出てしまう為熱いうちに食べないとダメなんだよね。
朝から一杯やりたくなる逸品。
b0042334_11513363.jpg
本来10月いっぱいくらいのイカが前日もあがったらしく刺身で登場!!!
朝から贅沢だね~(*´▽`*)

■下風呂温泉・まるほん旅館 公式HP

電話 0175-36-2330
上記は1泊2食9000円のプラン(2014年11月)
ビール大瓶700円ほか
[PR]
トラックバックURL : http://japanda131.exblog.jp/tb/23811325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 札幌から行く 『温泉宿』 at 2015-01-25 09:15
タイトル : まるほん旅館・雑感
 津軽海峡に面する下風呂温泉(青森県風間浦村)は、どの温泉宿も「硫黄泉」と「海の幸」をアピールする。どこに泊まろうか逡巡した末、まるほん旅館をチョイスした。  「ごめんください」。熟年の女性スタッフが出迎えてくれた。「あらあ~、北海道ですか、これはようごそ。女将さんはね、いま出張で浅虫温泉行ってでね、もうじき戻りますがら」。客室10室のこじんまりした家庭的な風情。なんか落ち着く。 ...... more
Commented by いっち at 2015-01-25 09:11 x
bluesky-youさん、おはようございます。

11月下旬の3連休、さつき荘にしようか、まるほん旅館にしようか思案の上、後者に泊まりました。お湯良し、食良し、人良しの三拍子。こちらを選んで大正解でした。気が付いていれば、オフ会でしたね(笑顔) ワタシはとんぼ返りしましたが、さつき荘もイイ感じですね。

温泉街のお写真や、三八上北界隈の公衆浴場のお写真を拝見し、これはまた行かねばの思いを強くしているところです。ではでは、また会う日までヨロシクお願いします。
Commented by bluesky-you at 2015-01-25 16:30
■いっちさん
こんにちは、ご訪問ありがとうございます。
朝食の時間が30分早ければ食事処でお会いしていたんですね、残念(^▽^;)
私の中ではボリューム(質ももちろんですが)のまるほん旅館、繊細さのさつき荘といった感じでしょうか。
他にもよさそうな宿が多数、また下風呂でニアミスの可能性も充分ありそうです。

三八北上もまだまだたくさん・・・弘前近辺・十和田近辺等々、
津軽は魅力的な場所があり過ぎて困ります(^_^)
by bluesky-you | 2014-11-30 12:36 | Trackback(1) | Comments(2)

+超気まぐれ更新+


by bluesky-you